カテゴリー別アーカイブ: 展示・公開

NEDO「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」に採択されました

理工学部物質生命理工学科の陸川政弘教授が、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」に採択されました。

■研究課題:「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業/普及拡大化基盤技術開発/MEA性能創出技術開発」
■研究期間:2018年4月1日~2020年2月29日
■研究概要:2025年頃に投入される燃料電池自動車において、発電性能を現行比で10倍程度向上させる技術、触媒の貴金属使用量を低減させる技術、商用車への適用拡大、さらには船舶や鉄道を含む輸送分野への展開を見据えた研究開発を行う。本プロジェクトでは、主に燃料電池における膜電極接合体(MEA)中の物質輸送性を解析することで、電解質材料(電解質膜と触媒層アイオノマー)の化学構造または高次構造と物質輸送性の関係を明らかにする。それにより、MEAの構成条件(膜厚、成膜方法、触媒層作製条件、インク作製条件、塗布条件、乾燥条件、後処理など)明らかにし、その技術を産業界に展開する。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 教授 陸川 政弘

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

・関連する研究シーズ集はこちら

◇詳細はNEDOのホームページをご参照ください
URLアドレスhttp://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100092.html

第一稀元素化学工業株式会社「2018年研究助成」に採択されました

理工学部物質生命理工学科の鈴木教之教授が、第一稀元素化学工業株式会社「2018年研究助成」に5月11日に採択されました。

■題目:五員環アレン型有機ジルコニウム化合物を基盤とする新規有機合成反応の開発

■研究概要:安定な五員環でありながらアレン部位を有する特異な構造の有機ジルコニウム化合物の求核付加反応を基盤として、新たな炭素−炭素結合生成反応の開発に取り組む。

■研究担当者(所属・職位・氏名): 理工学部物質生命理工学科 教授 鈴木 教之

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

・関連する研究シーズ集はこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttp://www.dkkk.co.jp/index.html

「第6回TOBIRA研究助成」においてとびら賞を受賞しました

理工学部物質生命理工学科の臼杵 豊展准教授が、東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合「第6回TOBIRA研究助成」が主催するTOBIRA第7回研究交流フォーラム(平成30年5月11日ソラシティフォーラム)においてポスター展示・口頭発表を行い、5月11日付けでとびら賞を受賞いたしました。

■題目:「COPDバイオマーカー診断法の確立を目指したデスモシンの厳密定量分析法の開発」

■概要:研究概要:弾性線維エラスチンは、肺胞や皮膚、血管、靭帯などの伸縮性に寄与するタンパク質であり、その架橋アミノ酸としてデスモシンが知られている。このアミノ酸は、世界第4位の死亡原因であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の進行にともない生体内に代謝されることから、COPDのバイオマーカーとして期待されている。本研究では、当研究グループで達成したデスモシン類の世界初の全合成(化学合成)法を基盤として、同位体標識したデスモシンを調製する。これを内部標準物質としたLC-MS/MS(高速液体クロマトグラフ-タンデム質量分析)法による厳密なデスモシン類の定量分析を行うことで、COPDのバイオマーカー診断法の確立を目指す。

■研究担当者(所属・職位・氏名): 理工学部物質生命理工学科 准教授 臼杵豊展

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

・関連する研究シーズ集はこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttp://www.tobira.tokyo/

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2018(WTP2018)

理工学部情報理工学科の林等教授がワイヤレス・テクノロジー・パーク2018(WTP2018)で研究成果のポスター展示を行います。
WTP2018アカデミア ポスターセッションでのポスター展示のお知らせ

WTP(ワイヤレス・テクノロジー・パーク)は、無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級のワイヤレス専門イベントです。

昨年度の総来場者数は50,574名でした(同時開催展を含む)。

WTPには国内外から多数の無線技術関連企業や機関が集結し、5G(第5世代移動通信システム)やInternet of Things(IoT)といった、新たなビジネスの可能性を広げるワイヤレス技術について、「展示会」「セミナー」「アカデミアプログラム」を通じて最新動向を紹介するとともに、イノベーション創出に向けた交流の場として開催しています。

これから生まれる新しいビジネスの可能性を広げるワイヤレステクノロジーの最新動向を是非会場でご覧ください。

◆メインテーマ:5G×IoT その先の未来へ 5G×IoT AND BEYOND
◆期 日:2018年5月23日(水) ~ 5月25日(金)
◆会 場:東京ビッグサイト 西3・4ホール、会議棟
◆主 催:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
YRP研究開発推進協会
YRPアカデミア交流ネットワーク
◆後援団体(予定・順不同)
総務省/ 神奈川県/ 横須賀市/ (一社)電気学会/ (一社)電子情報通信学会/
(公社)自動車技術会/ (公社)土木学会/ (一社)日本建築学会/ (一社)測位航法学会/ (一社)日本生体医工学会/ モバイルコンピューティング推進コンソーシアム
新世代M2Mコンソーシアム/ IMESコンソーシアム/ 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)他

◆今回、情報理工学科 林 等教授が下記の2研究テーマのポスター展示を行います。
1)高速起動・低消費電力 符号化IC
2)広帯域4電力分配合成回路

林教授の略歴は
こちら

◆来場者事前登録要
 公式ホームページhttps://www.wt-park.com

是非、ご来場ください。

公益財団法人高橋産業経済研究財団「平成30年度研究助成」に採択されました

理工学部物質生命理工学科の臼杵 豊展准教授が、公益財団法人高橋産業経済研究財団「平成30年度研究助成」に4月2日付で採択されました

研究課題:「簡便なCOPD診断を目指したエラスチン架橋ペプチドの抗体開発」
助成期間:2018年度
研究概要:タバコ病とも呼ばれる世界第4位の死亡原因であるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の簡便な早期診断を目指し、弾性線維エラスチンの架橋ペプチドの新しい抗体の開発研究を推進する。
公益財団法人高橋産業経済研究財団の詳細はホームページをご参照ください。

公益財団法人井上科学振興財団が助成する「国際研究集会開催経費助成」に採択されました

理工学部物質生命理工学科の藤田正博准教授が公益財団法人井上科学振興財団が助成する「国際研究集会開催経費助成」に1月22日付けで採択されました

会議名:第16回高分子固体電解質国際会議(ISPE16)
16th International Symposium on Polymer Electrolytes(ISPE16)
会 期:2018年6月24日~2018年6月29日(6日間)

◇公益財団法人井上科学振興財団の詳細はホームページをご参照ください。

公益財団法人東京応化科学技術振興財団が助成する第40回「国際交流助成」に採択されました

理工学部物質生命理工学科の藤田正博准教授が、公益財団法人東京応化科学技術振興財団が助成する第40回「国際交流助成」に3月8日付けで採択されました

会議名:第16回高分子固体電解質国際会議(ISPE16)
16th International Symposium on Polymer Electrolytes(ISPE16)
会 期:2018年6月24日~2018年6月29日(6日間)

◇公益財団法人東京応化科学技術振興財団の詳細はホームページをご参照ください。

上智大学最新技術セミナー

理工学部 末益博志教授、長嶋利夫教授が、「上智大学最新技術セミナー」で技術紹介をします
「上智大学最新技術セミナー」開催のお知らせ

3月5日(月)に芝信用金庫本部で、「上智大学最新技術セミナー」を開催します。
 今後、芝信用金庫と上智大学は今までにも増して社会・産業界へ上智大学の研究成果の還元を推進してまいります。
今回は、製品の軽量化と効率化を目指す炭素繊維複合材料の基礎と、き裂の発生・進展現象予測の現状についてご紹介します。

◆日 時:2018年3月5日(月)15:00~17:00
◆場 所:芝信用金庫 本部
     東京都港区新橋6-23-1
◆主 催:芝信用金庫
◆協 力:上智大学研究推進センター
◆今回、上智大学から2人の先生が下記のテーマで発表します。
 ・「炭素繊維強化複合材料・構造 ~航空・宇宙構造の軽量化を目指して~」
  理工学部 機能創造理工学科  末益 博志 教授
 ・「有限要素法解析の高度化 ~き裂の発生・進展現象の予測を目指して~」
  理工学部 機能創造理工学科  長嶋 利夫 教授
◆入場無料 定員30名
HP:http://www.shibashin.jp/ご案内チラシ:http://www.shibashin.jp/pdf/180207_oshirase.pdf

◆参加御希望の方は2月26日(月)までに下記の研究推進センターまで連絡をお願いします。

学校法人上智学院
上智大学 学術情報局 研究推進センター
Tel: 03-3238-3173  Fax: 03-3238-4116
E-mail: g_rant@cl.sophia.ac.jp

多言語対応・ICT化推進フォーラム

理工学部情報理工学科高岡詠子教授が「多言語対応・ICT化推進フォーラム」へ出展します。
本学理工学部情報理工学科高岡詠子教授が2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会の主催する「多言語対応・ICT化推進フォーラム」へ出展し、ICTの最新技術を展示いたします。

多言語対応に取り組む、または関心のある自治体や民間団体等はふるって御参加下さい。

・展示内容
上智大学 多言語対応情報提供アプリ
~スマートフォンで動く多言語対応の問診と診療科マッチングシステム~
理工学部 情報理工学科 高岡詠子 教授
・日時
2018年1月30日(火)10:00~17:40(9:45受付開始)
・会場
ベルサール東京 日本橋B2F
・参加申込
下記から事前にお申込下さい。
https://conv.toptour.co.jp/shop/evt/tokyo2020-tvb3/

機能創造理工学科の足立 匡准教授の研究成果が、「科研費NEWS」に掲載されました

理工学部機能創造理工学科の足立 匡准教授の研究成果が、日本学術振興会の「科研費NEWS」に掲載されました
タイトル「銅酸化物におけるドーピングを要さない新しい超伝導の発現メカニズム」

◇「科研費NEWS」日本学術振興会の詳細はホームページをご参照ください。http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/31_result/rikou.html