展示・公開・受賞・成果」カテゴリーアーカイブ

物質生命理工学科の鈴木 由美子教授が長瀬科学技術振興財団の「研究助成」に採択

理工学部物質生命理工学科の鈴木 由美子教授が公益財団法人 長瀬科学技術振興財団の「研究助成」に4月1日に採択されました
また、特に優れた研究と認められ、「長瀬研究振興賞」にも受賞されました

■研究課題:
「細胞内局在RNAの蛍光イメージング法の開発」

■研究概要:
RNA による遺伝子 発現の制御や RNA の細胞内挙動の解明は、分子生物学や細胞生理学・病理学上、非常に重要である。本研究では、細胞内で共同して働く複数種類のRNAの局在を同時に感度良く検出できる実験系の確立を目指す。異なる蛍光色素で標識した複数種の合成ヌクレオチドを合成し、それぞれを異なる種類のRNA作成に利用する。RNAをその種類により異なる色で可視化し、細胞内での同時検出を可能とする。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 教授 鈴木 由美子

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttps://www.nagase-f.or.jp/

物質生命理工学科の鈴木 由美子教授が福岡直彦記念財団の「研究助成」に採択

理工学部物質生命理工学科の鈴木 由美子教授が公益財団法人 福岡直彦記念財団の「研究助成」に4月1日に採択されました

■研究課題:
「細胞内RNAのイメージングを目指した蛍光修飾ウリジン三リン酸の合成」

■研究概要:
RNAは、生物学的プロセスにおいて、中心的な役割を果たすため、その細胞内挙動の解明は重要である。本研究では、RNAの蛍光イメージングを目的とした、蛍光標識ウリジン三リン酸を創製する。蛍光団として、鈴木らが発見した、2-アミノキナゾリンを利用する。本蛍光団は、小分子であり、合成・分子変換が容易で、蛍光強度が高い。転写過程でRNA分子内に効率的に組み込まれる、蛍光標識RNAヌクレオチドを開発する。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 教授 鈴木 由美子

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttp://www.naohikofukuoka-mf.or.jp/

物質生命理工学科の臼杵豊展教授が池谷科学技術振興財団の「単年度研究助成」に採択

理工学部物質生命理工学科の臼杵 豊展(うすき とよのぶ)教授が公益財団法人池谷科学技術振興財団の「単年度研究助成」に4月1日に採択されました

■研究課題:
「弾性線維エラスチン架橋構造の生合成を基盤とした高機能人工エラスチン繊維の創製」

■研究概要:
弾性線維エラスチンは、皮膚や動脈、靭帯などの軟部組織において、弾性・伸縮性に寄与するタンパク質です。本研究では、興味深いエラスチン特有の構造と機能に着目し、独自に開発した生体模倣反応を利用することで、新規性の高い天然を超える機能をもつ人工エラスチン繊維の創製を目的とします。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 教授 臼杵 豊展

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら・上智大学臼杵研究室:http://www.mls.sophia.ac.jp/~usuki/index.html

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttps://www.iketani-zaidan.or.jp/

物質生命理工学科の近藤次郎准教授が「生命科学・創薬研究支援基盤事業(BINDS)」に採択

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和4年度「生命科学・創薬研究支援基盤事業(BINDS)」の「(1)構造解析ユニット 1-4 標的RNAと医薬品候補化合物(核酸・ペプチド等新規モダリティを含む)複合体生成・共結晶化による支援と高度化」において新規課題の採択を決定し、本学より以下の課題が採択されました。
また、この研究プロジェクトを推進するために、2022年4月付で本学理工学部に「RNAターゲット創薬デザイン研究ユニット」を設立いたします。

■研究課題: RNA ターゲット創薬のためのRNA 分子設計・共結晶化・試料調製支援と高度化

■研究概要:従来の医薬品は、病気の原因となるタンパク質をターゲットとしてデザインされてきました。しかし最近では、新しい創薬ターゲットとして、タンパク質の設計図となるメッセンジャーRNAや、タンパク質の合成量を調節するノンコーディングRNAなど、多様なリボ核酸(RNA)が注目されています。当研究室は、RNAやDNAなどの核酸に特化したX線結晶解析による構造研究に取り組んできましたが、本補助事業では我々のRNA分子デザイン技術、結晶化技術、構造解析技術を活用して、国内の製薬企業やアカデミアのRNAターゲット創薬を支援します。

■研究代表者:理工学部物質生命理工学科 准教授 近藤 次郎

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇採択結果のプレスリリースおよび本公募詳細等については、以下リンクをご参照ください。
URLアドレス
https://www.amed.go.jp/koubo/11/01/1101C_00030.html

元記事:https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/research/AMEDsaitaku20220317.html

物質生命理工学科の近藤次郎准教授が、JAXAが公募する研究利用制度に採択

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「国際宇宙ステーション『きぼう』利用高品質タンパク質結晶生成実験基盤研究利用制度」において新規課題の採択を決定し、本学より以下の課題が重点テーマとして採択されました

■研究課題: 核酸医薬品開発のための微小重力結晶化

■研究概要
核酸医薬品はDNAでできた第三世代の医薬品として注目されており、特に希少疾患の治療薬として期待されています。当研究室では、核酸医薬品をその立体構造を観察しながらデザインしていくアプローチで開発に取り組んでいますが、そのためには核酸医薬品の結晶が必要になります。今回、国際宇宙ステーションの「きぼう」実験棟で結晶化を行うことで、地上では調製が難しい高品質の結晶を取得し、精度の高いドラッグデザインを目指します。

■研究代表者: 理工学部物質生命理工学科 准教授 近藤 次郎

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇本公募の詳細は、JAXAのホームページをご参照ください。
URLアドレスhttps://humans-in-space.jaxa.jp/kibouser/subject/invitation/pcg/73073.html

◇本研究は、本学ホームページの「学部 SDGs & サステナビリティの取り組み」でも紹介しています。
URLアドレスhttps://www.sophia.ac.jp/jpn/aboutsophia/approach/SDGs/department/SDGs_Activity3.html#kondo_jiro

元記事:https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/research/saitaku20220309.html

物質生命理工の藤田正博教授が(公財)八洲環境技術振興財団「研究開発・調査助成」に採択

理工学部物質生命理工学科の藤田 正博教授が公益財団法人八洲環境技術振興財団の「研究開発・調査助成」に1月27日に採択されました

■研究課題:
「柔らかい結晶と双性イオンを用いた次世代全固体キャパシタの開発」

■研究概要: モノがインターネット経由で通信するIoT時代の到来と共に,センサ端末の高性能化が喫緊の課題となっている。センサ端末の電源となる電気二重層キャパシタ(EDLC)の高性能化は,社会全体の生産性と効率の向上に貢献すると期待される。本研究では,柔らかい固体電解質である柔粘性イオン結晶(IPC)と双性イオンを用いて,漏液の心配がない全固体フレキシブルEDLCの開発を促進する。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 教授 藤田 正博

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレス https://www.yashimadenki.co.jp/zaidan/

元記事:https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/research/saitaku20220127.html

機能創造理工学科の高井健一教授が一般社団法人日本鉄鋼協会の研究助成に採択

理工学部機能創造理工学科の高井 健一教授が一般社団法人日本鉄鋼協会のニーズ主導型、主として応用的・産業的テーマを扱う2022年度研究会Ⅱに12月1日に採択されました

■研究課題:
「水素脆化評価法に必須の要素技術の抽出」
■研究概要:
低炭素社会の実現に向けた自動車の軽量化、さらには脱炭素社会の実現に向けた水素エネルギー社会構築が求められているが、いずれも社会基盤構成材料である高強度鋼の水素脆化が問題となっている。本研究会では、産官学12の研究機関が集結し、水素起因破壊に至るまでの過程をマルチスケールで解析することで水素脆化破壊の実態を解明し、安全な社会を構築するための水素脆化評価法に必須の要素技術の抽出を目指す。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部機能創造理工学科 教授 高井 健一

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttps://www.isij.or.jp/subcommittee/promotion/kenkyukai2-2022.html

元記事:https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/research/saitaku20211201.html

公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金の学術・研究助成に採択

理工学部物質生命理工学科の鈴木 由美子准教授が公益財団法人住友電工グループ社会貢献基金の学術・研究助成に10月19日に採択されました

■研究課題:
「バイオイメージングを目指した蛍光性RNAヌクレオチドの合成と機能評価」
■研究概要:
細胞内で共同して働く複数種類のRNAの局在を同時に感度良く検出できる実験系の確立を目指す。RNA塩基部分に蛍光団を結合させることで、転写反応に高効率で取り込まれ、高い蛍光強度をもち、かつ任意波長で蛍光を発する標識ヌクレオチドを開発する。これにより細胞内で局在するRNAの検出が容易になれば、基礎研究のみならず、臨床研究へも有益な情報を提供することができる。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部物質生命理工学科 准教授 鈴木 由美子

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttps://www.sei-group-csr.or.jp/business/research/

元記事:https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/research/saitaku20211019.html

IAEオープンイノベーションフォーラムで研究発表を行います

理工学部機能創造理工学科の谷貝 剛 教授が「IAEオープンイノベーションフォーラム」で研究発表を行います
2021年7月1日(木)「IAEオープンイノベーションフォーラム」がオンラインにて開催されます。
近年、大企業と大学、スタートアップスとの連携が日本でも加速しつつあり、様々なマッチングイベントが開催されています。
こうした中、一般財団法人エネルギー総合工学研究所(IAE)では新しいビジネス創出をサポートする「IAEオープンイノベーションフォーラム」を開催しています。
 今回はエネルギー・環境の関心高まる分野で事業性のポテンシャルのある2大学、スタートアップス8社から技術・ビジネスプランの紹介を行います。

■開催日時: 2021 年 7 月 1 日(木) 13:30~17:00 (オンラインピッチ)
 2021 年7 月 5 日(月)〜9 日(金) (オンライン面談)

■主催:一般財団法人エネルギー総合工学研究所、株式会社ケイエスピー

■本学から理工学部機能創造理工学科の谷貝 剛教授が研究発表を行います。

◆研究発表テーマ: 『水素供給網の発展とCO2フリー電力の導入拡大の相乗効果を生み出す超電導技術』
◆発表日時: 7月1日(木) 16:00~16:15

■本学発表内容に関する問い合わせ: 上智大学 学術情報局 研究推進センター
Tel: 03-3238-3173 Fax: 03-3238-4116
E-mail:g_rant-co@.sophia.ac.jp

■フォーラムへの参加について
ピッチ及び面談ともにオンライン開催ですので気楽にご参加頂けます。参加を希望される方は氏名、所属、役職、電話番号、メールアドレスと御関心のある会社・大学(複数可)を記載頂き、iae-oif@iae.or.jpへメールにて連絡お願いします。

■本フォーラム公式URL
IAEオープンイノベーションフォーラムの開催(7月1日 13:30-17:00) | (一財)エネルギー総合工学研究所※フォーラムのプログラムについてはこちら

ツルギフォトニクス財団の研究助成に採択

理工学部機能創造理工学科の下村 和彦教授が、一般財団法人ツルギフォトニクス財団の2021年度研究助成に4月1日に採択されました

■研究課題:
「シリコンプラットフォーム上GaInAsP系量子井戸レーザの低しきい値化に関する研究」

■研究概要:
  シリコンプラットフォーム上にInP系半導体レーザを集積化する方法として、シリコン基板へ1μm厚のInP薄膜を直接貼付けし、その後レーザ構造の結晶成長、プロセスを行う方法を研究してきた。本研究においては、GaInAsP系量子井戸レーザにおいて、しきい値電流の低減、温度特性の改善、高出力化、さらに単一モード導波路化した埋込み構造を導入することによってシリコンプラットフォーム上集積レーザの高性能化に関する研究を行う。

■研究担当者(所属・職位・氏名):理工学部 機能創造理工学科 教授 下村 和彦

・上智大学教員教育研究情報データベースはこちら

◇助成団体・助成制度の詳細はホームページをご参照ください。
URLアドレスhttp://www.tsurugi-photonics.or.jp/item_list1.html