現在地
  1. トップページ
  2. 理工学部情報理工学科高岡詠子教授が「多言語対応・ICT化推進フォーラム」へ出展しました

理工学部情報理工学科高岡詠子教授が「多言語対応・ICT化推進フォーラム」へ出展しました

2018-02-05

理工学部情報理工学科高岡詠子教授が「多言語対応・ICT化推進フォーラム」へ出展しました。

1月30日に、「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会」の主催で開催された「多言語対応ICT化推進フォーラム」に本学がブース出展しました。
当日は小池百合子都知事もブースを訪問されました。
出展内容は、理工学部情報理工学科の高岡詠子教授の研究「医療・看護・福祉・介護分野における多言語対応情報提供システム『SoCHAS(Sophia Cros-lingual Health Assistant System)』」です。    

2020年に向けて多くの外国の方々が訪日されるのに合わせ、病院等での利用を想定し、10言語対応で開発を行っています。

SoCHAS の詳細はこちら
ソフィア オリンピック・パラリンピックプロジェクトのFacebook

お問い合わせ
学術情報局 研究推進センター Tel:03-3238-3173 Fax:03-3238-4116 Email:g_rant@cl.sophia.ac.jp