現在地
  1. トップページ
  2. 上智大学公認ハッカソン「SOPHIA SUMMER HACKATHON 2016 =未来の街をハックせよ=」を開催しました

上智大学公認ハッカソン「SOPHIA SUMMER HACKATHON 2016 =未来の街をハックせよ=」を開催しました

2016-08-05

上智大学公認ハッカソン「SOPHIA SUMMER HACKATHON 2016=未来の街をハックせよ=」を開催しました。
昨年に引き続き、大学院情報学領域の魅力を伝えるイベントをこの夏、上智大学市谷キャンパスで開催しました。参加者がグループを組み、プログラムやコンテンツ(Webページなど)を短期集中で開発するイベントです。

実施概要
日程    :2016年 8月2日(火)~8月5日(金)
(終了時間は延長可能、途中退出自由、作業中の軽食とドリンク無料)
場所    :上智大学市谷キャンパス
対象    :本学の学部・大学院生(理工学部・専攻以外でも参加可能です)
参加資格  :
*上智大学の全学部・大学院生
*アプリ・サービスのプロトタイプを作るエンジニアの卵の方
*面白い企画を考えたい方
*目的に合わせ、機能を組み立てることの出来る方
*みんなを取り仕切り、面白い発表を作り上げることの出来る方
*技術も経験もないけどとにかく面白いものを作ってみたくしょうがない方

募集人員  :最大10チーム(50名程度を予定しております)
参加申込  :次のURLから申込。概要と昨年の様子も確認できます。
申込URL
表彰    :大賞には賞金授与。大賞以外にも協賛企業・団体からの各種の表彰をしました。

主催    :上智大学大学院情報学領域、理工学部情報理工学科
後援    :上智大学大学院理工学研究科、理工学部、理工学部同窓会、理工学振興会
協力    :上智大学研究推進センター、総合メディアセンター、キャリアセンター
協賛    :朝日新聞メディアラボ、日本マイクロソフト株式会社、東京都信用金庫協会

本企画は千代田区と区と連携する大学等との連携事業である「千代田学」(「長期的に継続維持可能な障害者・高齢者支援ネットワークに関する実践的研究」実施責任者:理工学部情報理工学科矢入郁子准教授)による補助を受けています。

ハッカソンの成果は千代田区に還元します。
※「ハッカソン」とは、「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語。ハッキングというと不正アクセスという意味が定着していますが、元来は高度な技術でシステムを操ること。プログラマーたちが技術とアイデアを競い合う開発イベントです。