現在地
  1. トップページ
  2. 理工学研究科について
  3. 数学領域

数学領域 Mathematics

最先端の数学を学べる

 本領域では「数学ゼミナール」を教育と研究の中心に据えて、指導を行なっています。このゼミナールは開講当初、各院生が研究の基礎の專門書や論文を精読して、それを発表することが多いのですが、各自の研究テーマ設定後はその経過や成果を発表することになります。この際に指導教員による研究指導も行なわれるので、論文の完成を目指す学生にとって実に重要な学びの場となっています。また本領域では講義を通してみずから学ぶことも重視しており、専任教員の講義に加えて非常勤講師を招聘し、現代数学の話題に広く触れられるようになっています。このように本領域は数学の勉強・研究をする環境は充実していますが、もっと大切なことは自分で問題を見つけ、それを解決し、発表するという研究活動を実際に行なうことだと我々は考えています。考え続けた問題が解けた時の喜びは強く大きいもので、それを在学中にぜひ体験してください。

 本領域の前身である旧数学専攻の実績は博士前期課程は1969年に修士課程として設けられ、これまでの課程修了者は168名です。修了後の進路は約30%が進学、約20%が中学、高等学校の教員、約30%が企業に就職しています。博士後期課程は1972年に設置され、単位修得満期退学者を含めて46名が課程を終え、23名が理学博士号を得ています。進路は約65%が大学で職を得、他は学校、企業に就職しています。

丁寧な研究指導

 本領域では、1人の専任教員につく大学院生の数は平均すると約1名です。学生数の多い国立大学などと比較すると、各人のレベルに応じたきめ細やかで丁寧な研究指導が行なわれています。

研究に便利な環境を整備

 中央図書館とは別に数学図書室があり、3.5万冊の専門書、論文誌を身近に利用。また数学図書室の機械化、大学院生へのノートPCの貸与などがあります。

委託聴講制度

 上智、東京女子、津田塾、立教、学習院、国際基督教、中央、明治、日本、日本女子、東京理科大学の11大学で大学院数学連絡協議会を構成しており、委託聴講生の制度によって、これらの大学の講義を聴講し単位の修得が可能です。

教授 田原 秀敏 [偏微分方程式論]解の存在と一意性、複素領域、特異点 情報理工学科
辻 元 [超越的複素多様体論]複素多様体、代数幾何、多変数関数論 情報理工学科
角皆 宏 [整数論・構成的ガロア理論]構成的ガロア理論、生成的多項式、数論的基本群 情報理工学科
中島 俊樹 [量子群の表現論]結晶基底、幾何結晶、R行列 情報理工学科
准教授 加藤 剛 [数理統計学]統計的データ解析、ウェーブレット解析 情報理工学科
五味 靖 [岩堀ヘッケ環と組みひも群にまつわる表現論]有限群・代数群の表現論、代数的組合せ論 情報理工学科
都築 正男 [保型形式と整数論]ゼータ関数・跡公式 情報理工学科
中筋 麻貴 [解析数論と表現論]ワイル群多重ディリクレ級数,組合せ論的表現論 情報理工学科
トリアン ファビアン ブノワ [数論幾何]算術幾何学、数論、岩澤理論 情報理工学科
講師 後藤 聡史 [作用素環論、部分因子環の指数理論の研究]代数的量子場の理論、共形場理論、テンソル圏 情報理工学科
平田 均 [偏微分方程式と応用数学]数理生物学 情報理工学科
助教 大城 佳奈子 [結び目理論]古典的結び目理論、曲面結び目理論、空間グラフ理論、カンドル代数 情報理工学科