現在地
  1. トップページ
  2. 理工学研究科について
  3. 電気・電子工学領域

電気・電子工学領域 Electrical and Electronics Engineering

「新しい世界」をリードする半導体・エネルギー・情報通信

情報化社会の基盤を支え、その持続的発展を可能にするために、電気・電子工学は大きな役割と責任を担っています。本領域では、半導体・エネルギー・情報通信を中心として、内外の研究機関、企業などと連携しながら研究を進め、多くの先進的な成果を発信してきました。一方、学際的な学部教育との一貫性に配慮しながら、電気・電子工学に関する専門的な知識を付与するとともに、将来の新たな展開にも柔軟に対応できる知的基盤を養うためのカリキュラムと研究指導体制で、複合知を兼ね揃え、国際的に活躍できる研究者、先端技術研究者の育成に全力で取り組んでいます。

研究・教育・応用のバランス

 技術研究開発で指導的役割を果たせるように、基礎学力とともに豊かな指導力・創造力を習得することを目指して、研究手法、問題意識を高揚させる研究指導や講義を行なっています。海外の大学に滞在しての協同実験や、学内共研での他領域との研究など柔軟な院生参画が可能です。

世界に飛躍する研究活動

 大学院生は教授陣の指導のもと先端的研究を推進して、成果を論文・国際会議で発表すべく、頑張っています。学内ハイテクリサーチセンターの利用、企業や研究機関との共同研究、国のプロジェクト研究など、柔軟な研究体制や設備の強化が進んでいます。

自分でデザインする大学院

 新技術の開拓など変化する当領域では、他学部からの進学も可能です。また、非常に優秀な研究成果をあげた院生は早期修了も可能です。自分で海外留学の設定を可能とし、また経済負担の軽減も可能とする環境整備を進めています。

教授 菊池 昭彦 [光エレクトロニクス、半導体工学、ナノテクノロジー]無機半導体/有機半導体/ナノ結晶/金属を組合わせた新デバイスと新素材の研究 機能創造理工学科
岸野 克巳 [光エレクトロニクス]フルカラー発光デバイス、ナノ構造とナノデバイス、三原色集積型LED、緑色レーザ 機能創造理工学科
下村 和彦 [光集積回路・光デバイス]有機金属気相成長、選択成長技術、量子ドット、波長スイッチ、光インターコネクション 機能創造理工学科
高尾 智明 [超伝導輸送システム応用、超伝導エネルギー応用]磁気浮上、船舶用超伝導モーター、エネルギー貯蔵などへの応用を目指した研究 機能創造理工学科
高橋 浩 [光ファイバ通信、光信号処理、光波回路]超高速光通信を実現する変調/復調方式、それに必要な高機能光デバイスの研究 情報理工学科
中岡 俊裕 [ナノデバイス・光電子物性]ナノテクを駆使した新物性探求、高機能かつ低環境負荷なデバイスへの応用 機能創造理工学科
野村 一郎 [新半導体材料の創製とデバイス応用]黄色/緑色半導体レーザの研究、高性能太陽電池の研究 機能創造理工学科
林 等 [無線通信回路、無線センサネットワーク] 移動通信・デジタル放送用電力増幅器、非接触ICカードシステム、RFID、RFIC、無線通信システム 情報理工学科
宮武 昌史 [電気エネルギー変換システム]環境調和形電力変換技術、システム制御技術、省エネ交通システムの創造 機能創造理工学科
准教授 小川 将克 [移動通信システム・無線LAN・無線応用技術]無線アクセス方式、省電力方式、通信品質制御方式、無線分散ネットワーク 情報理工学科
坂本 織江 [電力系統工学、主に電力系統の解析と制御] 電力系統機器のモデリング・解析・制御、風力発電導入時の系統安定化 機能創造理工学科
中村 一也 [超伝導電力機器応用、大型マグネット要素技術開発]交流電力機器、核融合炉用マグネットに関する研究 機能創造理工学科
藤井 麻美子 [医用光工学・生体電気・光物性計測]近赤外光の生体内伝搬解析、拡散光画像再構成、生体電気・光物性計測 情報理工学科
谷貝  剛 [低炭素電力システム工学・超電導応用工学]大型超電導マグネット、直流送配電システムに関する研究 機能創造理工学科